HONDASHIブログ

ブログ形式での情報の蓄積も悪くないかなと思い、 いまさら始めてみたブログ。
 
 
プロフィール

HONDASHI

Author:HONDASHI
ナナチかわいいよナナチ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel入った 

Windows10の再インストールで手こずって大分時間をかけてしまったが、やっとIntel入った。
6700.jpg

まだ性能に関しては実感できてないけど、マザボ周りなんかはUSB3.0だけじゃなく3.1付きのものだし、
SATA3.0やらM.2スロットやら色々新しくなった。
フロッピードライブが接続出来なかったのは少し寂しかったけど(見た目だけのオシャレ?アイテムと化してしまった)

少しでも実感するためにもベンチソフトで比較比較ぅ
今回はCPU交換ということで、CPU-Z、CINEBENCH R15、OCCT回して温度見て、
グラフィック関係にも影響出るのか見るためにも3DMark Fire Strike 1.1、Heaven Benchmark 4.0、FF14、Dirt3で比較。

例によって旧構成時は常駐とか切って無いし、自分が実感するためだけのベンチってことで。

旧構成新構成
CPUPhenomII 965BEcore i7 6700
M/BM3A78PPROH170-D3HP
RAMDDR2-800 2G*4DDR4-2133 8G*2
GPUR9 380 4GR9 380 4G
CPUクーラーANDY SAMURAI MASTERHYPER 212X



続き →
スポンサーサイト

とうとうIntelに… 

9月に発売されたSkylakeからDDR4が対応となり、
DDR3をスルーしていた自分としてはそろそろ新調したいと思っていた。
ただ、親が電気屋で買ったパソコンから、初自作そして今に至るまでずっとCPUはAMDだったから、
もしAMDがDDR4対応で、最速じゃなくてもいいから”面白そう”なモノを出してくれれば、またAMDを買ったのだが。
昨今のAMDのCPUはお買い得感すら無くなってて、次期製品のZENはあまりにも遅すぎる。

ということで、適当に秋葉原を歩いて入ったのがTSUKUMO。
ある程度は自分で調べてどの位をと言うのは考えた上で、店員さんのお話も聞いて買っちゃったのがこちら。
PA063138.jpg

CPU : i7 6700
M/B : H170-D3HP(GIGABYTEの製品ページ)
メモリ : crusial DDR4-2133 8G * 2
CPUクーラー : COOLER MASTER HYPER 212X(COOLER MASTERの製品ページ)

オーバークロックしない、PCIスロット欲しい、メモリは16G.etc
もともとのプランを話しながら店員さんのおすすめも聞きながら、
i5とi7で迷ってはいたけど、結局i7にしてみた。

後で、適当にベンチ回して比較してみよう。
K無しだから殻割りは挑戦しなくていいかな。
ツクモたんクリアファイルもらえたのはよかった!
財布の中身が無くなった!
続き →

R9 380に交換&ベンチマーク 

そろそろグラボを変えようと思って思って、はや数ヶ月。
生活も落ち着いた所で6月に発売されたRadeon 300シリーズのR9 380を買った。
HD5850からの交換ということで、記事をさかのぼって見ると2010/1月だって5年半だよ5年半。
ブログ記事にしておいて良かった、適当なファイルに書いてもOS再インストールとかで消しそうだし。
HD5850購入時のベンチマーク

買ったのはSapphireのNITRO R9 380 4GB
380.jpg
Sapphireの製品ページ

その他の基本構成は変わって無いが、SSD追加した程度
OS:Win7 Pro 64bit
CPU:PhenomII 965BE
RAM:DDR2-800 2G*4
M/B:M3A78PRO
Catalyst:15.7

5850ちゃんお疲れ様
5850.jpg


以下だらだらと比較
続き →

The Stanley Parableの翻訳について 

極度の筆不精&面倒くさがりなもので。
数日前にSteamでセールしてたのもあって、反応が増えた&他にも動きがあったようですね。
マイナーゲー所以かこんなブログにもコメントがちらほら。

うみさん本人が途中経過を公開してないのに、私が詳しく公開して良いのか、
それによりうみさんが気分を悪くされないかと若干思ったのですが、
反響が意外にも多いので、書いちゃいます。

翻訳自体ひと通り終わったのは以前の記事の直前、3月。
かなりの部分を私が訳したり、私が訂正したりしていたので、
うみさん始め他の参加者さんに文章表現等の確認をしてもらってから、決定稿にしましょうと提案。
確認作業開始、自分が訳した部分に関しては何度も見直してたので、正直確認作業に私自身は極力参加せず、
どうしてもおかしな直され方されたり、迷ってたりした所にコメントする程度にしてました。
(何度も見直してたとは言え、私のタイプミスもありましたが…)
大体1ヶ月ちょい経った時、5月初めで30%位かな。忙しくなったのか、しばらく動き無し。
で今は…って確認してみたら、もう一人参加者が増えてる!?
その方が進めたのか、21日現在で32%ですね。
そんな感じでーす。

この翻訳に関しては、自分がやりたくて参加しただけなので遅延があったり、
頓挫しちゃっても多少は残念ですが、楽しかったなぁという思い出になるでしょう。
むしろ、コメントにある
>また別のところで、翻訳をやるしかないか、という流れも生まれつつあり
これは2chの事だと思いますが、そっちにもシレッと参加するのもいいかなと思うくらいです。
もちろんコピペじゃなく、また文章見て翻訳。もっと良い表現が出来るかもしれないし。

あと、2ch見て思ったのは、うみさんの所が立て逃げとかやるやる詐欺とか書かれるのは、
残念というか2chらしいというか。
確かに検索して1番に出てくれば、新たに始めようという人は減るかも知れないですけどね、日本人的に。
ただ、ちょっとでもやる気があればメール出して参加すれば良いのにねとも思う。
2chでその後翻訳作業が始まってるけど、やっぱり匿名なら、2ch上なら参加しやすいって人も多いんだなぁと。

折角ブログ使ってるなら、小出しでいいからもう少し更新すべきだなぁと反省反省。

The Stanley Parable 日本語化 Mod 参加してました 

久々の記事だ。
タイトルの通りですが、昨年末のセールでThe Stanley Parableというゲームを買い、
内容に惹かれ、日本語化を探し、作成中なら参加しようと翻訳をお手伝いしてました。
↓ここの、うみさんという方のプロジェクト
姉好き変態プログラマーの備忘録
ぶっちゃけ内部事情的になりますが、うみさん含め参加者が6人居たのですが、
途中から作業を進めているのが、私だけな状態で結構時間がかかってしまいました。
(KFORION:Dinoの誘惑もあって、毎日作業してたわけじゃないですが...)

何はともあれ、訳すべき文章は全部訳されたことを確認したので、
後はうみさんが確認&ファイル作成して公開を待つだけかなぁと思います。

改めて、日本語化で検索して見ると別の方も訳してたり、
Twitterで中華っぼい人が「訳終わるから(soon)、あとSteam待ち」(昨年12/29)と呟いてたり、
まぁ、自分がやりたいから手伝ってただけなので、他の人のは気にしてないですが。
他人を疑ってはいけませんが、うみさんの所の参加者さんで、訳文だけ持って行って先に公開...
とかなければ良いなと思います。
そんな事があっても、ネタ的な訳を仕込んでるのですぐ分かるんですけどね。

もし、うみさんの所で公開後、使ってみて誤字や訳が変な所あったらゴメンナサイ。
90%位私の訳です。
ということで、
The Stanley Parable 日本語化 Coming Soon !
デスクトップ ログイン状態 ノート ログイン状態
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。