HONDASHIブログ

ブログ形式での情報の蓄積も悪くないかなと思い、 いまさら始めてみたブログ。
 
 
プロフィール

HONDASHI

Author:HONDASHI
ナナチかわいいよナナチ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minecraftテスト環境覚書 

VMPlayerを適当にインストールする

CentOS 6.2を適当にDLする(現在使わせてもらってるさくらVPSのバージョン)

新規仮想マシンの作成のインストーラディスクイメージファイルに、
entOS-6.2-x86_64-bin-DVD1.isoを指定して、ユーザネーム・パスワードやスペックを決めて作成。

無事インストール出来たら、VMPlayerの左上Playerから
管理>仮想マシンの設定で、ネットワークアダプタのネットワーク接続をブリッジにする

CentOS内で、System>Preferences>NetworkConnectionsで既存の設定"System eth0"をEdit
IPv4 SettingsタブでMethodをManualにして、AddressesをAddして、
ローカルIPアドレスやGateway、DNSserverを指定する
そのローカルIPアドレスで使いたいポート(マイクラデフォだと25565)を開ける、
もしくは予め開けておく
一応ホスト(私はWin7)からゲスト及び反対にもping通るかチェックする

---さくらVPSの再現ここまで---
ここからはさくらVPS内でもminecraft鯖を建てるのに必要な作業たち

CentOS内でJavaをインストールする
root権限で

yum install java


現在1.6.0_24がインストールされる様子
バージョンが気になるなら、パッケージ落としてきて頑張ってインストールする

大体どこの解説にも乗ってるし、実際便利なので
screenをインストールする

yum install screen


.screenrcを適当に作成する

CentOS側のportを開ける
/etc/sysconfig/iptables を編集して

*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]

-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# SSH, HTTP, FTP1, FTP2, MySQL
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 20 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3306 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25565 -j ACCEPT

-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited

COMMIT


とする、各行意味は調べれば出てきますが、一般的な設定プラス25565を開けてるだけ
追記:iptablesの変更を適用するために、再起動するのを忘れない

/etc/rc.d/init.d/iptables restart



ここまでやれば、後は鯖ファイルを持ってきてjavaに投げて起動させる
スクリプトなりに

screen -AmdS minecraft-server java -Xms512M -Xmx512M -jar minecraft_server.jar nogui


とやればscreenを使って裏で起動させ続けられる
デスクトップ ログイン状態 ノート ログイン状態
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。